さっぽろヒッポファミリークラブのブログ

英語はもちろん、もっとたくさんのことば(多言語)を楽しむヒッポファミリークラブの札幌の活動を紹介するブログです。

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

札幌市で「7カ国語で話そう」講演会

こちらのイベントは終了いたしました

今後の催しのお問い合わせ、資料請求はこちらへ
                   


  • br_banner_fuurin.gif
    ↑ブログランキングに参加しています。ワンクリックで応援お願いします


    ↓記事の続きは「続きを読む」をクリック
    9月4日(金) 10:30~12:30 
    円山北町会館
    中央区北7条西26丁目1-2(札幌市児童福祉綜合センター裏)

    9月5日(土) 14:00~16:00 
    札幌市教育文化会館
    中央区北1条西13丁目

    ※参加無料・託児有(要申込)
    主催:言語交流研究所ヒッポファミリークラブ
    後援:札幌市教育委員会

    講師
    言語交流研究所 理事・平岡一武

    講師プロフィール
    高校生だった1981年、
    ヒッポファミリークラブの多言語活動のスタートと同時に活動に参加。

    その後ヒッポの研究部門である
    トランスナショナルカレッジオブレックスの第1期生にとして入学。
    ロングセラーとなった「フーリエの冒険」「量子力学の冒険」「DNAの冒険」の
    執筆にも中心的に関わり、自然科学の面白さを知る。

    また、多言語活動を通して世界中の人と出会い、
    ことばの面白さ、人間の心の豊かさに触れる。

    中でも、ケニアからやってきた
    15ヵ国語を話す「多言語人間」ケニアのジョンさんとの出会いでは
    わずか2~3ヵ月間で、
    まるで日本人のように日本語を話せるようになる姿を目の当たりにし、
    人間の言語習得には無限の可能性があることを確信。

    以来、アメリカ・韓国・メキシコ・スペイン・フランス・ルクセンブルク・台湾などで
    ホームステイを体験。
    自宅にも30ヵ国以上の人を受け入れしている。

    現在は妻・3人の子供(高校3年、1年、中学1年)と一緒に
    家族で国境を越えた=トランスナショナルな生活を楽しんいる。

    講演会では「多言語」という視点から見えてくる新しい言語観と、
    その中で豊かに育つ人間性、コミュニケーション力についてお話しします。

    br_banner_fuurin.gif
    ↑ブログランキングに参加しています。ワンクリックで応援お願いします
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。