さっぽろヒッポファミリークラブのブログ

英語はもちろん、もっとたくさんのことば(多言語)を楽しむヒッポファミリークラブの札幌の活動を紹介するブログです。

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

12月は、マレーシアの受け入れがあります

おら!木曜日のソノコです。
ちょっとご無沙汰で、ごめんなさい。
今、札幌のヒッポファミリークラブでは、12月来札の、オランマレーシアの受け入れ家庭を募集中です。

br_banner_tonbo.gif
↑ブログランキングに参加しています。ワンクリックで応援お願いします
それは、2004年の11月のことでした。
木ソノの家では、当時25歳だったWilsonという青年の受け入れをしました。
一週間くらいの受け入れだったと、思います。
Wilsonは、日本語と広東語、中国語、英語にマレーシア語、ちょっぴり韓国語もしゃべれる多言語人間です。
とてもよく気が付き、お手伝いもいっぱいしてくれました。
やって来てすぐに、洗濯物をたたんでいたら、まずそのお手伝いをしてくれました。
毎朝出かける前に、朝食の食器を、洗ってくれました。
また、いっぱいありがとうを言う青年でした。
最後の晩に豊平区のチェスのファミリーに行って帰ったら、
「お母さん、今日も一日、とっても楽しかったよ。どうもありがとう!」
と、言ってくれました。
交流の基本は、食べることとありがとうを言うこと。
そして、笑顔!
三拍子そろったWilsonは、本当にかわいい私のラキ(息子)に、なりました。
それから2回ほど、我が家に遊びに来ているんですよ。
マレーシアにこの春行った時には、わざわざホテルまで会いに来てくれて、帰りは空港に見送りに来てくれました。

そんなかわいいWilsonが、今回はマレーシアホームステイの引率で、12月に来札します。
昨日、周りのフェロウ仲間にインビテーションカードを書いてもらったので、今日は大使館でビザの手続きをするそうです。
マレーシアからやって来るのは、Wilsonのほかに美女が6人です。
また、新しい出会いと再会に、私たちもワクワクして準備しているところですよ。


br_banner_tonbo.gif
↑ブログランキングに参加しています。ワンクリックで応援お願いします
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。