さっぽろヒッポファミリークラブのブログ

英語はもちろん、もっとたくさんのことば(多言語)を楽しむヒッポファミリークラブの札幌の活動を紹介するブログです。

2017/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

2010年新春ワークショップ札幌

2010年ヒッポ新春ワークショップ IN 札幌
札幌エルプラザで行われました。

日曜日と言う事もあり
会社勤めのお父さんやお兄さん、お姉さんや家族連れ
学生さんや子ども達、旭川、十勝、東京からの
参加がありました。

新春WS全体
新春WS司会
WSって何?って思われるかもしれません。
日常の活動のワイド版
ヒッポファミリークラブの多言語活動。

普段やっているゲームやダンス。
色んな国のことばを聞いてみんなで真似っ子。

冬にメキシコにホームステイに行った体験話を聞きました。
とっても幸せだったそうです。なかなか大人は子供に慣れないけれど
ヒッポのホームステイでは
ことばは、赤ちゃん。ホストも家族の一員として
迎えてくれます。

今年新しくヒッポファミリークラブの活動場所が増えます。

高校生が1年間海外にホームステイをしながら
高校に通うプログラム
行く予定のキテイちゃんの話を聞きました。

ヒッポが大好きで大好きで西日本のヒッポ作りに関わって来た
鈴木てるねえの人となりの話から・・・。

2人の子どもをヒッポで育てて来てどう変わったか。

下の子が4歳の時にアメリカに移り4年半住んで
子供達は、幼稚園に行ってすぐ向こうのことばに
慣れました。
現地の子より上手に英語の歌をはっきりと歌っていたそう。

多言語だと何語でも受け止められる話。
心も人間としても、ことばにも壁がない。

8歳でアメリカから帰って来て、時間が経っているのに
今高校生でTOEICで750点以上取れた話しなど・・。

ヒッポで多言語CDを聞いて真似をしているだけなのに
帰国子女もことばが消えないんだなーって
改めて思いました。

ヒッポで育っている子供たちは
新しい多言語人間を育てているんだよ。って
自身を持っていいんだよ。

胸を張ってキラキラした目とことばで語っておられました。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。