さっぽろヒッポファミリークラブのブログ

英語はもちろん、もっとたくさんのことば(多言語)を楽しむヒッポファミリークラブの札幌の活動を紹介するブログです。

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

マレーシア準備会

アパカバール!ナマ サユ Tuesdayソノコ。

昨日のファミリーはマレーシア準備会!なぜかというと、来年の春休みに新中学生になる息子と新6年生になる2人のメンバーが青少年交流でマレーシアにホームステイに行くのです。

子どもたちを連れて行ってくれる引率者(グループフェロウ)が来てくれて一緒に準備を始めよう、となったのです。いつもは、同じ曜日にファミリーを主宰してる同士なので、月曜日一緒は無理なのですが、たまたまあちらの会場が使えない、ということでお休みになったから実現したのでした。
男の子ばかりのファミリーなので、小さい子たちは走り回ってうるさいです。

そんな中アンジュセヨでは、まず前日にあった「青少年交流壮行会」に参加した息子と5年生メンバーに、参加
できなかった人たちにわかるように、どんなことをしたか、どう思ったか、をお互いの話から思い出して引きだされて話していきました。みんな雰囲気はわかったかなあ?

1年間の留学経験者の話は、とても深かったので、少しでも覚えていて欲しい、と思っていたら大体覚えててその話もしてくれました。小学生と高校生以上じゃ、感じることや経験が違うのでまだまだポヤ~としてますが、どこかに記憶として残っていて欲しいものです。

その会では、今夏交流にいく子と親がみんなの前に出て、親は子に向かってのメッセージを、子どもは交流に行く決意を言いました。いろんな親がいて、感極まって涙ぐむ親もいて聞いているこちらももらい泣き。都合で来れなかった親の手紙がまた良かったのです!

そのことも2人は「感動して泣きそうになった」と伝えてくれました。

その後、韓国女子大生を2泊3日で受け入れした2組のメンバーの報告も。1人は、受け入れた子がおとなしくて返事も笑顔もあまりなく困った、という話を。ここでも私たちは、表情に出すのが大事だね、話しあったのでした。

時間もなくなり、マレーシア組にマイクを渡し自己紹介や、みんこさんに以前行った話を織り交ぜながら、マネすることの大切さを話してもらい、小学生3人はなんとなくわかったよう。

まだまだと思っていた交流も、来週夏組が出発し帰って来ると、すぐ春組が主役に。あと8カ月しかない!!これから準備を本格化していかねば。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。