さっぽろヒッポファミリークラブのブログ

英語はもちろん、もっとたくさんのことば(多言語)を楽しむヒッポファミリークラブの札幌の活動を紹介するブログです。

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

留学へ行く高校生K君

グーテン ナーベン

昨日のヒッポのファミリーにドイツへこの夏1年の留学に行くK君もいつものようにやって来た。

いろんな国の歌に合わせて、踊ったりゲームをしたりの時間にドイツの歌はどれだろう?と
探しつつCDをかける。

私達はふだん文字はまったくと言うほど見ないでネイティブのCDを
歌の如く「歌って」いるのだが昨日は歌のタイトル一覧表を眺めつつ探した。

学生時代に第2外国語でドイツ語を取ったなど文字の分かるメンバーが母音の頭に可愛い・・が
付いたのはウムラウトって言うんだよ~とかBを長細くしたような文字がドイツ語らしいとか
何となくドイツ語の特徴が分かってきてCDをかけたら、けっこう知っている歌が・・・

年がバレるが「かすみか雲か」とか♪わーらべーは見たり~で始まる「野ばら」など、私も学生時代
に原語で習ってる歌もあり。 
その中から一つ「ウルトラマンじゃんけん」で遊んだ。
そのCDを探してる時K君がかなりの数の歌を知っているのが分かった。
K君は小さいうちから、ヒッポに参加しているので私より長く親しんできている!

中高生っていわば反抗期真っ盛り、思えば我が息子もそうだった

K君も留学するか否かで結構激しく親とぶつかったそうだが、一旦行くと決めてからは
表情もすっきりと愛車で(もちろんチャリ)であちこちのファミリーへ顔を出している。

CDの真似っこタイムでは、これからはドイツ語とメンバーが今年はもっと、という英語を
「歌う」コーナーを続けて見ることに。

自己紹介も見つけた音を付け加えて少しづつ豊かになっていく。

K君に寄り添うようにメンバー達もいままで遠かったドイツ語に近づいて行くのが面白い。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。